ホーム > 動画館トップ > (YOUTUBE)動画作成手順 (memo)

(YOUTUBE)動画作成手順 (memo)

1.使用ソフト

  • Singer Song Writer(midi伴奏作成)

  • midienc  xrecode II(midi→wav変換)

  • VOCALOID2 Editor(合成音声作成)

  • Audacity(伴奏と音声を合成)

  • Aegisub(字幕作成)

  • Cyberlink (動画取り込み)

  • avidemux2_gtk (動画切取り)

  • aviutl(aviファイルへの変換等)

  • unitemovie(ファイル結合)

  • Aegisub(字幕挿入)

  • VirtualDub(字幕合成)

  • Windows ムービー メーカー

  • Windows フォト ストーリー 3(静止画から動画作成)

 

2.作成手順

  1. 「Singer Song Writer」(midi伴奏作成)で伴奏作成。

  2. 「midienc」(midi→wav変換)でmidiをwavに変換しておく。

  3. 「VOCALOID2」(合成音声作成)で歌を作成しwavで書き出し。

  4. 「Audacity」で伴奏と歌を同期させ合成。

  5. 「Cyberlink」(動画取り込み)でビデオ等から動画を取り込む。

  6. 伴奏時間に合わせて「avidemux2_gtk」で動画を切り(抜き)出す。

  7. 6.で切り(抜き)出した動画を(複数枚の場合はそれぞれ)「aviutl」でAVIに変換。

  8. 複数枚の場合は変換した動画を「unitemovie」で1つに結合。

  9. 「Windows ムービーメーカー」等で曲を演奏し歌詞のタイムラインを作成。

  10. タイムラインに基づき「Aegisub」(字幕挿入)で字幕を作成。

  11. 「VirtualDub」でEの動画とGの字幕を合成。
     ・動画を読込後、映像→フィルターから「textsub」プラグインを追加。
     ・文字コード”unicode”で保存してある字幕ファイル.ass を読み込む。
     ・必要のある場合は”style”で文字色・サイズ等を設定する。

  12. Windows ムービーメーカーで、動画とオーディオ/音声を合成しタイトルを付けて完成。
     

3.留意点

  • 動画をAVIに変換する時はサイズを大きめに。(ムービーメーカーで劣化するため)

  • ムービーメーカーでタイトルを入れる。

  • VirtualDubで動画と字幕を合成するときは、表示画面サイズを最大にしないと右ウィンドウ下面に字幕が隠れて見えない場合がある。

  • 字幕を合成中に文字化けを起こした場合は、Aegisub(字幕挿入)で作成した字幕をEmEditor等で開き、文字コードを「unicode」で保存し直す。

  •  

4.Windows フォト ストーリーによる静止画→動画作成を中心とした手順

  1. 曲を演奏し歌詞のタイムラインを作成。

  2. フォト ストーリーに必要枚数の静止画を読み込ませ、1枚あたりの表示時間を調整して曲の演奏時間に合わせる。
    (1秒ほど長めがよい)

  3. フォト ストーリーで作成した動画を「aviutl」でAVIに変換。
    (この時、”音声なし”のチェックボックスに必ずチェックを入れておくこと)

  4. 作成した動画.aviに、「VirtualDub」で字幕を合成。( 2.作成手順 の11.参照)

  5. Windows ムービーメーカーで、動画とオーディオ/音声を合成しタイトルを付けて完成。

 

5.「Audacity」で、伴奏と歌との同期が徐々にずれてくる場合の対処方法

  1. 「Audacity」で伴奏と歌を読み込ませた後、タイムシフトツール”⇔”で先頭部分の同期をとる。

  2. 伴奏または歌のどちらか一方を選択状態にする。(厳密には時間の狂っている方)

  3. 効果(c)から”Pitch and Tempo”を選択し、さらに”テンポの変更”を選択する。

  4. ”Length(Seconds); to      ”の中の数値を変更して最後尾を合わせる。
    (アンドゥを繰り返しながら同期するまで数値を増減する)
    (このとき、確認しやすい大きさまで拡大ツールで横幅を拡大しておく)